責任投資の取組み

豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献するため、責任ある機関投資家としてお客様の期待の一歩先を行く活動を実践します。

責任投資原則 基本方針

東京海上アセットマネジメントは、資産運用を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献することを経営理念の一つとしています。快適な社会生活と経済の発展に貢献するため、投資先企業の財務的要素のみならず、環境・社会・ガバナンス(ESG※)等の非財務的要素も適切に考慮した、責任ある投資を受託者責任に即して実行するとともに、投資先企業に対して能動的な働きかけを行うことで当該投資先企業の中長期的成長を促し、お客様にとっての中長期的な投資リターンを向上することを目指します。
また、東京海上アセットマネジメントでは、財務的要素と非財務的要素を統合的に捉えて体系的に評価するESGインテグレーションを投資判断プロセスに組み込んでいます。これはESGインテグレーションが、より精度の高い企業評価ならびに投資判断につながるとの認識に基づいており、すべてのアセットクラスに共通するものと考えています。環境・社会・ガバナンス等は、お客様にとっての中長期的な投資リターンを支えるうえで基盤をなす評価項目であり、すべてのアセットクラスにおいてガバナンスを企業評価の重点に位置づけるとともに、環境・社会等の非財務的要素についても適切に考慮していく方針です。

※ESG:Environment, Social, Governance

サステナブル投資ステートメント

東京海上アセットマネジメントは、豊かで快適な社会生活と経済の発展のために、基盤となる社会全体の持続可能性を高めていくことが欠かせないものと認識しており、すべてのアセットクラスにおいてESG要素を含む中長期的な持続可能性を考慮したサステナブル投資を実践します。

新型コロナウイルス感染拡大を踏まえたスチュワードシップ活動について

ページの先頭へ