東京海上・グローバルペット関連株式ファンド「ペット×○○でがっちり! vol.1」

2020/09/25

ぽちたまicon ペット×テクノロジー ぽちたまicon

最近話題のAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ分析などは今や人間だけのものではありません。近年、そういったテクノロジーをペット向けに活用し、新たな価値やサービスを提供する動きが強まっています。
 

動物病院のイメージ

例えば、米国のアイデックスラボラトリーズは、長年にわたり動物病院向けにペット用検査診断サービスを提供していますが、そこで蓄積した医療データを利用したビッグデータ分析に力を入れています。

動物は、「言葉を発しない」「文章で表現しない」ことから、症状が微細であったり無症状の場合、病気になっても進行状況がわかりにくく、疾患が見落とされしまうことがあります。同社はそこにテクノロジーを活用する価値を見出し、ビックデータ分析により病気の早期発見を可能としました。その結果、動物病院や飼い主に高品質の医療サービスを提供しています。

更に、ペットを対象としたテクノロジーの活用は上述のようなビッグデータ分析にとどまりません。近年、ペット×テクノロジー=「ペットテック」と呼ばれる分野で次々と新興企業が立ち上がり、様々なサービスを提供しています。

見守りカメラのイメージ

例えば、GPSやWebカメラを利用したペットの見守りサービス、ウェアラブル機器(身体に装着できるIoT機器)を利用したペットの健康管理、外出時にも自動でペットにエサを与える自動給餌機などが開発されています。

また、ペットシッターのマッチングサービスなど、シェアリングエコノミー(物・サービスなどを、多くの人と共有・交換して利用する経済の形)の分野にも「ペットテック」は拡大しており、今後も更なるペット市場の拡大が期待されます。

  • ※ 上記記載の銘柄は、2020年9月18日時点の東京海上・グローバルペット関連株式マザーファンドの保有銘柄です。
  • ※ 上記は個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また、今後のファンドへの組み⼊れを保証するものではありません。

 

集合画像


東京海上・グローバルペット関連株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:ぽちたま)



販売会社

販売会社名をクリックいただくと、各社のサイトをご覧になれます。

    取次販売会社

      ※販売会社によっては、現在、新規申込みの取扱いを中止している場合があります。

       

      東京海上・グローバルペット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:ぽちたま)


      【モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2018について】

      【ご留意事項】

      おすすめファンド・コンテンツ

      ページの先頭へ