東京海上・グローバルペット関連株式ファンド「ペット関連企業を巡るM&A ~ズープラスへの買収提案~」

タイトル画像

2021/08/23

ペット関連業界のM&A(企業の合併・買収)については、以前レポート(「ペット×○○でがっちり! vol.3 ペット×М&A」)でご紹介しましたが、ペット関連市場の成長性に着目したM&Aの動きは、足元でも続いています。

今回は、直近発表されたズープラスへの買収提案と、足元のペット関連企業を巡るM&A動向についてご紹介します。

ズープラスへの買収提案

ペットとオンラインショッピングのイメージ

欧州でペット用品のオンライン販売を展開するズープラスは、2021年8月13日に、米プライベートエクイティのヘルマン・アンド・フリードマン(以下、H&F)による1株当たり390ユーロでの買収提案を受け入れたことを発表しました。

ズープラスは1999年にドイツで設立され、「ペットとペット愛好家の間に幸せな瞬間を作り出す」という使命のもと事業を拡大してきました。現在は欧州30カ国で事業を展開しており、ペット用品のオンライン購入が増加するのに伴い、過去5年の売上高は年平均20%程度の伸びとなるなど、急成長を遂げています。

H&Fは今回の買収を通じて、競争が激化する欧州のペット関連市場の中で、ズープラスの新商品・サービスの開発や物流インフラの高度化など、長期的な企業価値向上のための投資を支援するとしています。

買収提案を受け、ズープラスの株価は8月13日に前日比+41.1%上昇しました。

当ファンド設定以来、組入銘柄が買収提案を受けたのは、

  1. ブルー・バッファロー・ペット・プロダクツ(高級ペットフードメーカー、米国):2018年買収完了

  2. アバキス(動物用医療機器メーカー、米国):2018年買収完了

  3. グリーンクロス(動物病院運営会社、オーストラリア):2019年買収完了

に次いでズープラスが4社目となります。

  • ※ 画像はイメージです。

ズープラス(組入比率:3.8%)の売上高と株価の推移

ズープラスの決算状況
ズープラスの株価の推移
  • 出所:ブルームバーグ

  • ※ ズープラスは、2021年8月16日時点の東京海上・グローバルペット関連株式マザーファンドの保有銘柄です。
  • ※ 組入比率は2021年8月16日時点。純資産総額に占める割合です。
  • ※ 予想は、作成日時点のブルームバーグ予想です。
  • ※ 上記は過去の実績および将来の見通しであり、将来の運⽤成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※ 上記は個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また、今後のファンドへの組み入れを保証するものではありません。

足元のペット関連企業を巡るM&A動向

このほかにも、2021年6月には、

  1. エランコ・アニマル・ヘルス(動物用医薬品メーカー、米国)によるキンドレッド・バイオサイエンス(動物用医薬品メーカー、米国)への買収提案

  2. シムライズ(総合化学メーカー、ドイツ)によるスウェーデンケア(ペット用ヘルスケア用品メーカー、スウェーデン)への戦略的な出資

などが発表されており、ペット関連市場の成長期待の高さを背景に、ペット関連企業に対する活発なM&Aの動きが継続しています。

以上のような環境下、引き続き、ペット関連市場拡大の恩恵を受け、長期的に利益成長が期待できると考える銘柄を中心に投資を行い、中長期的な信託財産の成長につなげていきたいと考えています。

  • ※ エランコ・アニマル・ヘルス、シムライズは、2021年8月16日時点の東京海上・グローバルペット関連株式マザーファンドの保有銘柄です。
  • ※ 上記は個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また、今後のファンドへの組み入れを保証するものではありません。


TMAMぽちたまアルバム


東京海上・グローバルペット関連株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:ぽちたま)



販売会社

販売会社名をクリックいただくと、各社のサイトをご覧になれます。

    取次販売会社

      ※販売会社によっては、現在、新規申込みの取扱いを中止している場合があります。

       

      東京海上・グローバルペット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:ぽちたま)


      【モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2018について】

      【ご留意事項】

      おすすめファンド・コンテンツ

      ページの先頭へ