東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 「2020年の振り返りと2021年の見通し」

2021/01/25

Topic1 足もとの運用状況 (2020年12月末時点)

ファンドの運用状況

コロナ禍で一時落ち込むも、その後設定来高値を更新し堅調に推移

設定来の基準価額の推移

  • 出所:Refinitiv
  • ※オーナーズ:東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
  • ※基準価額、基準価額(税引前分配金再投資)は、1万口当たり、信託報酬控除後で表示しています。また、設定日前営業日を10,000円としています。
  • ※TOPIX(配当込み)は、当ファンドのベンチマークではありません。また、設定日前営業日を10,000円としています。
  • ※当ファンドのリターンは、税引前分配金を再投資したものとして計算しているため、実際の投資家の利回りとは異なります。


日本国内の市況環境

 

  • ※上記は過去の実績および将来の予測であり、将来の運用成果や動向などを示唆・保証するものではありません。


2020年プラス寄与3銘柄
  • 出所:ブルームバーグ
  • ※グラフの期間:2019年12月30日~2020年12月30日、日次
  • ※2019年12月30日を100として指数化
レーザーテック(銘柄コード:6920、東証1部)
日本電産の株価推移

 

日本電産(銘柄コード:6594、東証1部)

 

エフピコ(銘柄コード:7947、東証1部)

 

2020年マイナス寄与2銘柄
  • 出所:ブルームバーグ
  • ※グラフの期間:2019年12月30日~2020年12月30日、日次
  • ※2019年12月30日を100として指数化
LIFULL(銘柄コード:2120、東証1部)

 

パーク24(銘柄コード:4666、東証1部)

 

  • ※上記に記載の銘柄は、一例として記載したものであり、当ファンドへの今後の組み入れを示唆・保証するものではありません。また、これらの銘柄の売買を推奨するものではありません。なお、組入上位10銘柄以外の銘柄の保有状況についてはお答えしかねますのでご了承ください。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果や動向などを示唆・保証するものではありません。

Topic2 2021年の見通し

日本国内の市況見通し

懸念材料はあるものの、本格的な景気後退の可能性は低いと想定
ファンドの着目点と見通し

2021年も変化への対応力が求められる1年になると想定
オーナー企業の迅速な意思決定と長期的な株主利益の追求が効果を発揮する局面は継続

 

  • *アクティビスト:株式を取得した上で、その保有株式を裏づけとして、投資先企業の経営陣に積極的に提言し、企業価値の向上を目指す投資家
  • ※上記は将来の予測であり、将来の運用成果や動向などを示唆・保証するものではありません。
  • ※上記の見通しは当資料作成時点の当社の見解であり、予告なく変更する場合はあります。

Topic3 今後期待のオーナー企業経営者

SBSホールディングス (銘柄コード:2384、東証1部)
代表取締役社長 鎌田正彦氏

鎌田氏のM&Aにおける信条は「社員を大切にすること」
リストラを一切せず、コスト削減と営業の強化で買収企業の収益向上に成功

<企業について> 

 

  • *M&A:企業の買収・合併・資本提携

<今後の注目ポイント>

  • *EC:電子商取引
  • *3PL(サードパーティー・ロジスティクス):企業の抱えるさまざまな業務の内、物流部門を第三者企業に委託する業務形態

 

 

  • ※上記に記載の銘柄は、一例として記載したものであり、当ファンドへの今後の組み入れを示唆・保証するものではありません。また、これらの銘柄の売買を推奨するものではありません。なお、組入上位10銘柄以外の銘柄の保有状況についてはお答えしかねますのでご了承ください。
  • ※上記は過去の実績および将来の予測であり、将来の運用成果や動向などを示唆・保証するものではありません。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの概要・リスク・手数料等はこちらから

【当資料で使用している市場指数について】

TOPIX、東証2部、東証マザーズ(以下、同指数)は東京証券取引所が発表している株価指数です。同指数の指数値および商標は、東京証券取引所の知的財産であり、同指数に関するすべての権利およびノウハウは東京証券取引所が有します。東京証券取引所は、同指数の指数値の算出もしくは公表の方法の変更、公表の停止、同指数の商標の変更、使用の停止を行う場合があります。
 

【ご留意事項】

おすすめファンド・コンテンツ

インフレ時代の資産形成のポイントとは?
オーナー企業×インド 東京海上・インド・オーナーズ株式オープン
動画で学ぶ ハートで感じる資産形成

ページの先頭へ