東京海上・インド・オーナーズ株式オープン「ポートフォリオのご紹介 (2020年4⽉14⽇時点)」

2020/04/16

 

2020年4⽉8⽇に設定・運⽤を開始した「東京海上・インド・オーナーズ株式オープン」について、ポートフォリオの状況についてお知らせいたします。

※以下は、2020年4⽉14⽇時点の「東京海上・インド・オーナーズ株式マザーファンド」のポートフォリオの状況です。

業種別比率

時価総額別比率

組⼊銘柄10銘柄(組⼊銘柄数:31銘柄)

銘柄名 業種 比率 概要
1 テック・マヒンドラ 情報技術 10.0% ソフトウエアメーカー。通信機器製造業や通信サービスプロバイダー、ソフトウエアベンダーおよびシステムインテグレーター向けのソフトウエアを開発、販売する。
2 リライアンス・インダストリーズ エネルギー 9.9% 石油化学品および繊維メーカー。繊維部門では、合成繊維、テキスタイル、混紡糸、ポリエステル・ステープルファイバーを製造、販売。石油化学部門では、ジャムナガルに石油精製工場を所有し、ガソリン、灯油、液化石油ガス(LPG)などの幅広い製品を製造する。
3 コタック・マヒンドラ銀行 金融 9.9% 商業銀行。銀行・保険業をはじめ幅広い金融サービスを提供。主なサービスは、手形割引、リース、買取選択権付リース(ハイヤーパーチェス)、定期預金の運用、証券仲介業務、マネーマーケットオペレーション、投資銀行業務、消費者金融など。リテール、法人向け銀行業務に従事する。
4 バーティ・エアテル コミュニケーション・サービス 9.7% 電気通信事業者。アジアおよびアフリカ18カ国で事業を展開する。本社をニューデリーに置く。インドで、2G、3G、4Gワイヤレスサービスおよびモバイルコマースを提供。
5 アジアン・ペインツ 素材 6.4% 塗料メーカー。幅広い種類の装飾用ペンキ、ニス、エナメル、ブラック・合成樹脂を製造。子会社を通じて、ゴム製タイヤの製造で使用される特殊工業用化学品およびビニルピリジンラテックス製品の製造も手掛ける。
6 マヒンドラ・マヒンドラ 一般消費財・サービス 5.7% 自動車メーカー。自動車、農機具、自動車部品を製造、販売。主な製品は、軽・中・大型の商業用車両、ジープ型車両、一般乗用車など。農業用トラクター、耕作機、内燃機関、ガソリンエンジンおよび工作機械も生産する。
7 バジャジ・ファイナンス 金融 4.3% 金融サービス会社。インドで事業を展開し、各種金融サービスを提供する。
8 PVR コミュニケーション・サービス 3.8% 映画館を経営。複合型映画館を所有・管理する。
9 ダブール・インディア 生活必需品 3.8% 日用品・食品メーカー。石鹸、洗剤、ヘアオイル、歯磨き粉を製造、販売する。インド国内のみならず海外でも製品を販売。
10 マリコ 生活必需品 3.7% 美容・ウェルネス分野の消費財・サービス会社。主な製品は、ココナッツ油、ヘアオイル、シラミ治療薬、高級精製食用油、柔軟剤など。スキンケア・サービスの分野では、カヤ・スキン・クリニックを通じて事業を展開する。

東京海上・インド・オーナーズ株式オープンの概要・リスク・手数料等はこちらから

【ご留意事項】

おすすめファンド・コンテンツ

ページの先頭へ